抗生物質で治せる性感染症

性器ヘルペスとは、性器や肛門の周辺に水泡ができて、ピリピリした痛みがあります。
セックス、オーラルセックスなどで感染する性感染症です。
20代から30代前半の女性に多く、男性よりも女性がかかりやすい病気です。
発症したことがなくても、日本人の5~10%は、性器ヘルペスのキャリアだといわれています。
この病気を放置すると、女性は子宮頸管にまで感染が広がり、不妊症になることがあります。

entry_image1

この性器ヘルペスは、抗生物質で治せる性感染症です。
バルトレックスは、このヘルペスウィルスの増殖をおさえる抗ウィルス薬です。
このウィルスは、肌や粘膜の接触で感染します。
肌に傷があると感染しやすくなり、便座などから感染することもあります。
キスや性行為でも感染します。

バルトレックスは、塩酸バラシクロビンを成分にする抗ウィルス薬です。
世界約70か国から、ヘルペスウィルスの治療薬として承認されている、副作用の少ない安全な薬です。
バルトレックスは、ヘルペスウィルスの増殖をおさえて症状を軽くし、再発のリスクを小さくします。
治療によって、パートーナーへの感染リスクも小さくなります。
特に、性器ヘルペスの単純ウィルスにはよく効きます。
再発を繰り返す人の維持治療(予防)にも、使われる薬です。

バルトレックスの使用方法は、1日2回、1錠(500mg)を、4~5日服用します。
再発を繰り返す時には、再発予防剤として予防のために服用することもできます。
副作用として、下痢、吐き気、発疹、めまい、眠気、頭痛が挙げられます。
過料に使用した場合、腎臓の働きが落ちている方や、高齢者の方などは注意が必要です。
また、副作用は、ここに記載の限りではありません。

↓関連リンクです
バラシクロビル 特許
大阪で包茎手術・包茎治療
ジスロマック 効果解説