性感染症の情報サイト

性病、性感染症の治療や予防に関する知識を深めましょう

バルトレックスによる予防と鼻血への懸念

バルトレックスはヘルペスウイルス感染症に対する治療薬として最も頻繁に使用されているものの一つです。ヘルペスウイルス感染症として広く知られているものには口唇ヘルペスと性器ヘルペスがあります。ヘルペスウイルスに感染して発症すると、その患部に水泡ができて激しい痛みを伴うというのが一般的な症状となります。そういった症状を伴って皮膚科や性病科などを受診した場合には、専門医が見るだけで診断が可能であり、特別に検査を行う必要なく治療を開始することができます。バルトレックスを服用すれば速やかに水泡がなくなって痛みも和らいでいくため、我慢をせずに医療機関を受診するということが自分のためになるでしょう。しかし、バルトレックスは体内にいるヘルペスウイルスを全て除去するということはできず、治療を行っても再発のリスクを抱えていることは覚えておかなければならない事実です。見方を変えれば、ヘルペスウイルスは一度感染すると常在しているものであり、免疫力が勝っている際には発症しません。そのため、感染しているか否かの判断では血液検査を用いることができます。性病検査では性器ヘルペスの有無についても血液検査の過程で調べてもらえることがあります。もし血液検査で陽性となった場合には免疫力が下がらないように気を配った生活をしていくか、予防のためにバルトレックスを服用していくことが必要になります。しかし、バルトレックスにも副作用があり、鼻血が出る場合もあります。鼻血が出るのは血液系への異常によるものであり、血小板減少による出血傾向によって鼻血が出てくることになります。まれな副作用ではあるものの、自覚的にわかりやすいものとして理解しておくとよいでしょう。