性感染症の情報サイト

性病、性感染症の治療や予防に関する知識を深めましょう

尋常性白斑病といぼとバルトレックスで治せる病気は

病院尋常性白斑病というのは、皮膚の色が抜けてしまい、白い斑点が出来たようになる病気のことで、後天的に起こる症状です。
尋常性白斑病は年齢に関係なく起こるので、老若男女問わず、悩まされている人が少なくありません。
尋常性白斑病には2種類あり、斑点が少しずつ数が増えて、やがては全身が白くなる進行性白斑(A型白斑)と、幼少期から30歳ごろまでに始まり、特定の皮膚分節だけに急速に広がったあと、1年ほどで進行が止まる、分節性白斑(B型白斑)があります。
進行性白斑は、初期の段階ではステロイドの外用療法や、長波長紫外線療法が効きますが、古い白斑にはあまり効果がありません。
分節性白斑はこれらの療法では効果がないため、表皮移植手術で治療します。

いぼは、ヒトパピローマウイルスが原因で発生するもので、ほとんどは放っておいても自然に治りますが、治らない場合は市販薬を使うか、病院で治療を受ける必要があります。
いぼを病院で治療する場合は、皮膚科や美容外科に行けば、レーザーや液体窒素、内服薬などを使って除去してくれます。
いぼ治療の内服薬ヨクイニンを抽出する元である、ハトムギ茶を飲んで治すという民間療法もあります。

性器や唇の周辺に出来る水ぶくれや発疹のことをヘルペスといいますが、バルトレックスという薬を使えば、この症状を抑えることが出来ます。
ヘルペスは病院でも治療できますが、診察費や検査費などの余分な費用がかかるため、バルトレックスだけが必要なら、個人輸入代行通販を利用するようにしてください。
個人輸入代行通販にはバルトレックスをはじめ、さまざまな病気に効果のある薬が売られているため、病院に行かずに病気を治す方法をお探しの方は、サイトをチェックするようにしましょう。