性感染症の情報サイト

性病、性感染症の治療や予防に関する知識を深めましょう

小児期の水疱瘡の時はバルトレックスについて検索

ヘルペスや水疱瘡になったときに、病院を受診するとバルトレックスという医薬品の処方を受けます。
ヘルペスなどに関しては再発する可能性が高い病気となりますので、バルトレックスの処方を受けたときには、家に常備しておくことがおすすめとなります。
バルトレックスはヘルペスに有効な薬として知られていますが、抗ウイルス薬の一種となりますので、単純ヘルペスの他にも小児期における水疱瘡の際にも用量を減らして服用します。
病院で処方が受けられる薬で、小児が服用した場合であっても副作用が少ない薬として知られています。
小児期において様々な病気にかかると、医薬品や病院の検索を行う機会が多いと言えますが、出来る限り安全性の高い薬を使いたいと考えるものでしょう。
バルトレックスは安全性の高い医薬品ということで、性感染症である性器ヘルペスを発症したときも用いられます。
性感染症の中には自覚症状があらわれないものも多いですので、日頃から情報を検索して特徴を把握しておくことが大切です。
性感染症については性行為によって感染するものとなりますが、性行為のパートナーにもうつしてしまうことが考えられますので、検索して治療が受けられる病院を調べておくことも良い方法だと言えます。
性器ヘルペスの治療の際も、バルトレックスの処方を受けることで治療ができますので、皮膚科や泌尿器科などを受診するようにしましょう。
バルトレックスはウイルスの増殖を防ぐ作用がありますし、5日以内に服用することで軽い症状に抑えることが可能となります。
バルトレックスの服用方法は簡単で、1日に500mgずつ2回に分けて服用します。
妊婦にも影響のない医薬品ですので、問題なく服用することができます。