性感染症の情報サイト

性病、性感染症の治療や予防に関する知識を深めましょう

性病に対する西洋医学と東洋医学

オペしている医師

性病を治療する方法として、西洋医学と東洋医学があります。
西洋医学とは、近代医学・現代医学ともいわれ、東洋医学とは漢方薬を用いた医学のことを指し、病気の原因は全身機能(バランス)の乱れと考えて、人間が元々持っている自然治癒力を活性化しようとする医学のことです。

西洋医学の治療と、東洋医学(漢方薬)の治療には、それぞれに得意な分野があります。
その性病に対して、いずれの方法も有効である場合もありますが、単独では不十分と思われる場合に、併用が選択される医療機関が増えています。

東洋医学

この処方を漢方薬と西洋薬の「洋漢統合処方」といいます。
それぞれの医療機関いおいて、漢方薬の特徴をいかして患者一人一人の症状、全身症状、既往症などを総合的に診断することにより、独自に調剤配合した漢方薬を処方してくれます。
東洋医学と西洋医学の併用による相乗効果と副作用の軽減を目的に、病気の治療をすすめています。

東洋医学の薬効の特徴には「四気」と呼ばれるものがあり、四気は寒涼、熱温ともいわれます。
寒・涼性薬物は、陽性疾患、熱性病を治療し、熱・温性薬物は、陰性病、寒病を治療します。
西洋医学が有効であっても、副作用が大きい疾病には、東洋医学から有効な方法と副作用減少法を探すことは有益です。